九フンへの入口

  高雄から台北へ

2017.12実況中継  <高雄編予定表  1.一人旅  2.高雄  3.台南(午前)  4.台南(午後)  <台北編予定表  5.台北  6.タクシーの旅  7.バスと電車の旅  8.龍山寺界隈  9.台北最終日


故宮博物館と忠烈祠の観光が意外に早く終わってしまい、予定表によると後は龍山寺だけ。MAJI MAJIへでも行こうかと客待ちをしているタクシーに声をかけたら、近すぎて乗車拒否! 流暢な日本語を話す運転手さんは、代わりに十分~九フンはいかがと勧めてきました。フン、よくある手よね。
でも値段が納得できる金額(1台3500元)だったし、午後2時半から台北を出発すると、九フンでは丁度提灯に灯が点る頃、暗くなってからの帰りの足の心配をする必要がないということで、行ってきました。

電車が近づくと笛を鳴らして警告 風船の4面に願い事を書く 持ち上げて点灯

まずは十分、風船の色(単色か、4色等)によって値段が異なります。4面にそれぞれ願い事を書くと、お店のお兄さんがてきぱきと4面の写真を撮り、「持ち上げて」「手を離して」とその度に写真を撮ってくれました。

手を離す 火がついた紙が燃えてます 空高く飛んで行きました

あらら大変! 私達の風船は電線にからみついてそこで燃えてしまいました。火事にならないかと心配したけど、お店のお兄さんは慣れた様子で無料で再度挑戦させてくれましたよ。

狭い道です 当初の予定ではここで夕食 芋スイーツの店

次は九フン(フンの字はPCで出ないので片仮名にします)、運転手さんの知り合いのタクシー屋さんに車を置いて、「セブンイレブンの横の道を入っていきなさい」と教えてくれました。一番上の写真です。途中に黒い犬がいても絶対に触るなと注意を受けました。ある人が撫でようとして噛まれ、救急車で運ばれたそうです。野良犬でどんな病気を持っているか分からないからです。犬はいました。観光客に餌を貰って食べていました。妊娠しているようでした。

一番有名なフォト・スポット 狭い階段を押し合いへし合い状態です

上の左の写真は映画「千と千尋の神隠し」のモチーフになった所と言われますが、映画のスタッフは訪れたことはないそうですよ。宣伝が上手ね。この建物は茶芸館で台湾茶が飲めます。人気店で団体客で混雑しているので、私達は別のお店に行きました。水心月茶坊、遠くの海や島が見えて景色の良い所です。お茶屋さんの店に入って螺旋階段を下ります。

日本語で飲み方を教えてくれます 眺めの良いテラス席 風情があります

台北へ戻って土産物屋に寄り(これはツアーのお約束ね)、お付き合いで少しだけ買物をして、台南で食べ損ねた担仔麺の店・度小月の前でタクシーを下りました。担仔麺はお椀一杯分位の量、つまり少ない! エリコさんには丁度良いけど、これだったら台南の本店でも食べられたのにと思いましたよ。
牡蠣の天ぷらと青菜をオーダー。ポン酢をかけた青菜は生で、シャキシャキとしてとても美味しかったので、何という名前か帰国してから台南娘さんに聞きました。佛手瓜(ハヤトウリ)の若いツルで「龍鬚菜」と言うそうです。抗癌効果が抜群だけど食物繊維が多いので、胃腸の弱い人にはあまりよくないらしいです。炒め物として出されるのが一般的だそうです。

タクシー運転手の高さんは安全運転でとても良い人でした。ご希望の方にはお名前と電話番号をお教えします。エリコさんは私と別れた後にご主人がいらっしゃるので、彼にも同じコースを案内したいと高さんに予約をしました。2度目ですし割引をお願いしました。(笑)
他の人のブログには同じ金額で十分の滝へも行ったようなので、近くの猫村・ホウトンへ連れてって貰えば良かったと思いました。


高雄から台北へ
2017.12】1.一人旅  2.高雄  3.台南(午前)  4.台南(午後)  5.台北  6.タクシーの旅  7.バスと電車の旅  8.龍山寺界隈  9.台北最終日