フェルメール追っ掛けの旅

アメリカ編

(2016.6)

エアーポーター

実況中継  1.ワシントン到着  2.国立自然史博物館  3.ナショナル・ギャラリー  4.市内観光  5.ニューヨークへ  6.母さん倒れる!  7.メトロポリタン美術館  8.NY市内観光  9.友人の家へ  10.続・友人の家  11.ストウ(Stowe)  12.トラップ・ファミリー・ロッジ  13.帰国へ


ペン・ステーションのエアーポーター乗り場で、私が乗るラ・ガーディア空港行のバスが先に来たので、「JFK行きに乗ってね」と彼女と別れました。あとで聞いたらバス乗り場が変わって、運転手さんが迎えに来たそうです。

ところでニューヨークを発つ前の日、デルタ航空からウェブチェックインのお知らせがきました。そしたら、国内線は預けるスーツケース1個につき25ドルを支払うんですって! だから誰もかれもキャスター付きの荷物を機内に持ち込もうとするのね。でもこの飛行機は上の棚が小さくて殆どのスーツケースは入りません。入口の手前で貨物室に預かる荷物を受け取っていましたが、この場合25ドルは支払うのかしら?ご存じの方、教えてください。

ラ・ガーディア空港  靴磨き 小さい戸棚

空港で時間があったので、早めの昼食を取りました。手前の白いテーブルはテイクアウト用、奥の黒いテーブルがある部分はちゃんとしたレストランで、テーブルの上にタブレットが置いてあり、注文を入力した後は遊べるようです。
Wifiは30分だけ無料で、友から「無事に搭乗口に着いた」とメールがありました。JALはターミナル1だけれど、バスの到着は一番最後だったそうです。

ニューハンプシャーの空港に着きました。仕事をしていた時の同期のハッちゃんが、手荷物受取所で待ってくれていました。えっ? 飛行機の乗客じゃないのに、ここに入れるの? 荷物が無くなったりしないの? さすが、田舎の空港 !! (笑)

ニューヨークを出発 図書館  ターシャ・テューダーの絵

まずはご主人が以前館長さんをしていた図書館に連れてってくれました。ここにターシャ・テューダーが描いた絵があるというので、見せてくれるよう現在の館長さんに連絡してくれていたのです。鉛筆の男の子の絵で、元はどこに飾ってあるか知りませんが、館長室の床に置いてありました。女性職員の方もターシャの本を2冊見せてくださいました。

実は今回の旅では、故ターシャ・テューダーが住んでいたコーギー・コテッジを訪れたかったのです。年に数日しか公開されず見学だけで165ドルもするのに、インターネットで販売が始まると10分で売り切れてしまうというものです。去年の日程ならバッチリだったのですが、今年は時期が合わず残念でした。2016年は9月と10月にもあります。申し込みはこちら

街のメインストリート 昔ハッちゃんの家族が住んでいた家 ご主人と二人で住んでいる家

ハッちゃんの家は以前は部屋がたくさんある大きな家を借りていましたが、夫婦二人になって小さな家を買いました。小さな家とは言っても、我が家より広いかもです。ベッドルームが二つ、広い居間と居心地の良いダイニング・キッチン、大きな地下室があって半分は洗濯などの作業に、半分は物置で衣装ボックス・本棚・デスクトップのパソコン、そして予備のソファベッドが置いてあります。

こういう家をスターター・ハウスと言うのだそうです。若い二人が小さな家から新生活を始めて、子供が増えたら大きな家に住み替えるのです。でも最近の若い人は、バスルームも二つなきゃイヤ!とか贅沢になっているそうです。

庭側から 何か食べてるなぁ。。。(涎)  ご主人と私、お揃いよ♪

以前スカイプで話した時は地下室からだったけど、今は二人ともそれぞれタブレットを持っていて無線で使っています。彼女はiPad、ご主人は私と同じNexus7です。
マンゴという名の年寄り猫がいました。夫婦で外出する時は、猫友達に世話を頼んでいるそうです。猫を預けるのではなく、世話をしに来てもらう、お互いにそうしているんですって。

スーパーの野菜売り場 大きなハム 私が買ったもの

少し昼寝をしてスーパーに買い物に。勿論車です。ニューハンプシャーは消費税がゼロなので、州を越えて、あるいはカナダからも買い物客が来るそうですよ。では消費税無しでどうやって州を維持しているかというと、固定資産税が高いらしいです。それとホテルに泊まる時の税金も高いそうです。

私が買ったのは、右半分がクッキー、左端は干しクランベリー、その右はブルーベリー入りのチョコレートです。中央の本は空港で買った「真珠の耳飾りの少女」、スカーレット・ヨハンソンとコリン・ファースで映画になっています。今回の旅にぴったりの品でした。

蒸したハマグリ ロブスターは本来は溶かしバターですが、日本人はポン酢よね

夕食はロブスター、それも一人に2匹も !! とても食べきれないと言うと、翌日にロブスターロールを作ってくれることになりました♪


2016.6】 ワシントン
1.ワシントン到着   2.国立自然史博物館  3.ナショナル・ギャラリー  4.市内観光  5.ニューヨークへ  6.母さん倒れる!  7.メトロポリタン美術館  8.NY市内観光  9.友人の家へ  10.続・友人の家  11.ストウ(Stowe)  12.トラップ・ファミリー・ロッジ  13.帰国へ