フェルメール追っ掛けの旅

アメリカ編

(2016.6)

隣のカフェで朝食、ハムと玉子のバーガー

実況中継  1.ワシントン到着  2.国立自然史博物館  3.ナショナル・ギャラリー  4.市内観光  5.ニューヨークへ  6.母さん倒れる!  7.メトロポリタン美術館  8.NY市内観光  9.友人の家へ  10.続・友人の家  11.ストウ(Stowe)  12.トラップ・ファミリー・ロッジ  13.帰国へ


ホテルからまっすぐ歩いて突き当りに、あのトランプ氏が豪華ホテルを建設中でした。このご時勢(アメリカの選挙)ですから、青い看板には大きな文字でトランプと書いてありました。歴史的建造物である元の中央郵便局を改装しているのだそうです。(2016年9月開業)

トランプ氏、ホテル建設中 司法省 国立公文書館

何はともあれスミソニアン博物館。でもスミソニアンという名前の博物館があるわけではなく、これはスミソニアン協会が運営する19の美術館や博物館の総称で、ワシントン以外の場所に設置されているのもあります。このうち3カ所に行ってきました。

ワシントンの地図はここ スミソニアンキャッスル(協会本部)

上の地図の緑色の部分は芝生で周りを博物館や美術館が取り囲み、地図の右に国会議事堂、左端がワシントン記念塔になります。開館は10時からですが、時計を日本時間で見てしまって9時に着き、公園を散歩しました。リスがいました。

自然史博物館裏側  自然史博物館表玄関 特別展

まずは自然史博物館。博物館はどこも無料ですが、特別展は有料です。生きた蝶々の展示をしていました。9時半にもなると観光バスが続々とやってきます。殆どは子供達で、学校毎に統一のTシャツを着ていたのが便利そうでした。学校毎と言っても数十人の単位で、日本の遠足や修学旅行とはイメージが異なります。

こんなに大勢の人がいて、時間をずらした方が良かったかしらと不安になりましたが、いざ中へ入ってみると人はばらけてそれ程混雑した感じはありませんでした。

動物のはく製がたくさん 恐竜の化石 ミイラ

面白い試みがありました。6種類の原始人の中から一人をコンピュータで選び自分の写真を撮ってCG合成するもので、子供達に大人気でした。メールアドレスを登録すると写真を送ってくれます。夕方ホテルに戻った時には着いていました。

ホモ・ネアンダール人 原始人になった私 孫達へのお土産

孫達にTシャツを買いました。右上のオレンジ色のは裏側で、お猿さんの尻尾が描かれています。オレンジの1枚は去年の旅友ユキコさんへのお土産です。サイズを構わず買ってしまって小さかったかと不安でしたが、これから生まれるお孫さんも含め大小取り混ぜて3人いるので、誰かに着せられるでしょうとのことでした。(^^ゞ


2016.6】 ワシントン
1.ワシントン到着   2.国立自然史博物館  3.ナショナル・ギャラリー
  4.市内観光  5.ニューヨークへ  6.母さん倒れる!  7.メトロポリタン美術館  8.NY市内観光  9.友人の家へ  10.続・友人の家  11.ストウ(Stowe)  12.トラップ・ファミリー・ロッジ  13.帰国へ