フェルメール追っかけの旅
ドイツ編

2017.5実況中継  <チェコ編> 1.プラハ到着  2.プラハ城  3.プラハの夜  4.クトナー・ホラ  5.プラハ市内  <ドイツ編> 6.列車の旅  7.マイセン  8.ドレスデン  9.ツヴィンガー宮殿  10.ベルリン  11.絵画館  12.博物館島  13.ベルリンの壁  14.感想文


プラハからドレスデンへは2時間15分、電車はネットで予約し(DB)、座席はコンパートメントにしました。プラハからドレスデンは国際列車のため年齢の記入が必要でした。チケットは印刷して持参します。車内の検札はチケットに名前が載っている私だけがパスポートを見せます。

余裕を持って手続きして定価の半額以下で買えたため、行けなくなった人の分は参加する人で負担しましょうと、予め打ち合わせておきました。図は5人分の料金です。これに座席指定料が5人で22.5ユーロかかりました。普通車でも、お金を出せば座席を確保できるのです。

皆には荷物を網棚に乗せられるよう、スーツケースは小さい物(3泊4日程度)をと厳命しておきました。(笑)

プラハ駅 コンパートメント

コンパートメントは6人用ですが、2席は空いていたので座席の上に荷物を置くことができました。

山の上にお城の跡 干し草、ヘイロール

失敗談。実は車両を間違えてしまいました。「62から66、ここだわ」と言ってコンパートメントに入ったら、既に若いお兄さんがいて荷物を上の棚に乗せるのを手伝ってくれたのに、別の人達が来て「間違ってるわよ!」
下の赤で囲った数字が車両番号なんですって。日本だったら1号車・2号車と言うから、256が車両番号だとは思いもしませんでした。右の写真は隣の車両ですが、ドアの窓に紙が貼ってあるだけです。

オンラインチケット、全体はこちら

車内販売でビールを飲んだわさ。

ドレスデン駅に着きました 

ドレスデン駅着。駅に着いて駅から出発するので、ホテルは駅の近くが便利ですよね。荷物を置いてすぐに駅へ戻り、私がマイセンへの往復の切符を買っている間に隣のカフェでサンドイッチを注文して貰い、大急ぎで飲み込んでSバーン(郊外列車)に乗ったのでした。ちなみにUバーンは地下鉄などの市内電車です。

切符に刻印する 2階建ての電車

ドレスデンから約35分、マイセン駅を過ぎると丘の上にアルブレヒト城と大聖堂が見えます。実はマイセンの一つ先の駅がマイセン磁器博物館に近いのです。

観光列車のおじさんに手を振る アルブレヒト城と大聖堂 マイセン・アルトシュタット駅

フェルメール追っかけの旅・ドイツ編
2017.5】 <チェコ編> 1.プラハ到着  2.プラハ城  3.プラハの夜  4.クトナー・ホラ  5.プラハ市内   <ドイツ編> 6.列車の旅  7.マイセン  8.ドレスデン  9.ツヴィンガー宮殿  10.ベルリン  11.絵画館  12.博物館島  13.ベルリンの壁  14.感想文