掲示板

リンク

    番さん、いらっしゃい♪

  

元気おばさんの海外旅行 

ローマ(1996迄)
フランスパリ(-1996)/友人とパリ(2005)/親戚とパリ(2009)/ブルゴーニュ地方へ列車の旅(2014)
ドイツオーストリアロマンティック街道バスの旅(2003)/ウィーンでオペラ(2010)/ウィーンでバレエ(2012)
スイス鉄道の旅(1999)/列車の旅 8日間(2013) 
オランダベルギーアムステルダム・昔の写真(1975頃)/オランダ・ベルギーの旅(2015)
ロンドン(1996迄)/スイスの後で一人旅(2013)/オランダ・ベルギーの後で(2015) 
プリンス・エドワード島一人旅(2002)/プチ留学(2006)夫を連れて(2008)/現地集合・現地解散(2011)
ワシントンフェルメール追っ掛け(2016) 
ニューヨークPEIの帰りにちょっと寄り道(2011)/フェルメール追っ掛け(2016)   (トラップ・ファミリー・ロッジ)
ロサンゼルス行ったはいいけれど・・・(1998)
ハワイ
ずっこけ家族旅行(2001迄)/ミニオフ会(2005)家族合同旅行(2008)/爺さん&婆さん(2015)
ゴールドコースト(2004)
タイ友達訪問の旅(2010)
香港(2000迄)/友人と(2006)/マイル旅行(2008)
上海旧婚旅行(2007)蘇州を極める(2011) 
ソウル
(2002迄)/ミニミニオフ会(2006)マイル旅行(2009)マイルオフ会(2010)マイル旅行(2012) 
済州島、社員旅行(1997)/友人と(2008)
妻が海外旅行をするための夫の選び方
母親が海外旅行をするための子供の育て方
病気になったら
ホテル予約トラブル
私のフェルメール一覧 

4travel(写真が大きい)  12月 長崎女子会 

旅する母さん ただいま旅行中   

猫日和 (実験的ブログ、取り敢えず毎日書いています)

アテンション・プリーズ 昔話 

2017年2月18日  映画の「沈黙(サイレンス)」を見てきました。映画をご覧になっていない方に説明すると、「迫害されたキリシタン達がこんなに過酷な目に合っているのに、神は何故沈黙されたままなのか?」という内容です。

平戸旅行の日記でも書きましたが、私は隠れキリシタンという言葉しか知らず、潜伏キリシタンを初めて知りました。江戸時代にキリスト教が禁止され、表向きは仏教徒を装いながら密かにキリスト教を信じていた人達は皆 潜伏キリシタンです。映画でも「潜伏している者・・・」という表現が出てきます。

明治に入り禁止が解かれると、潜伏キリシタンは元のカトリックに戻る人と、戻らずに自分達だけで信仰を続けていく人に分かれました。これがカクレキリシタンです。最近、二人の学者の方の本を読みましたが、同じように書いてありました。ウィキペディアにもそう書いてあります。

カクレキリシタンはキリスト教の指導者もおらず、神寄せのオラショ(祈り)には、イエス・キリスト、マリア、ザビエルの他に、先祖の殉教者の名前や宇宙の神々、そして竜宮の乙姫の名前までも出てくるのがあります。(遠藤周作氏の本より) だからカクレキリシタンの信仰は神道や仏教、日本の民族宗教と習合してしまって、もはやキリスト教ではないそうです。

さて、映画の最後に出演者などの名前が出てくる部分は音楽もなく、かすかな波の音と小鳥の鳴き声のみ、映画館の中もシーンとしていました。映画は台湾で撮影されたので、スタッフの中に台湾の人の名前が大勢出てきます。基本は英語の部分だけが字幕ですが、日本語の部分も字幕になる「完全字幕版」と2種類上映していました。完全字幕版は聴覚障害者の人でもご覧になれますね。

(自己紹介)       メール

 

 

     

我が家の年賀状

我が家の年賀状を初めて受け取られた方は、「なんだ、こりゃ」 と思われるでしょう。
2回受け取られた方は、「これが冨々家のスタイルか」 と納得していただけるでしょう。
そして3回目からは、「今年はどんなのかな?」 と待たれることでしょう。
そういう訳で、まだお付き合いの浅い方のために昔の年賀状を揃えました。